“カタチ”には、今のうちに実際いっぱい触れておく

実際のカタチを触ってみる。

どこにはめられるか考えてみる。

そのうち頭の中で“カタチ”がイメージできるようになります。

そうした繰り返しが、抽象的概念形成の下地を作っていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000